気になるニュース・商品を中心にアップしていきます。リンクはフリーです。連絡の必要もありません。

プロフィール 

クチナワ

Author:クチナワ

広告 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2007/02/27(火) 11:08:58 ID:???0
20070227134339.gif中国で、オンラインゲームなどにはまる「ネット中毒」の若者が急増し、社会問題となっている。
 こうした中、軍事訓練による荒療治でネット中毒の矯正に乗り出した中国初の治療施設が登場した。

 近年、ネット中毒という新たな問題が、中国政府を悩ませている。
 取材班は、中国初となる軍事訓練を導入した更生施設の全ぼうをカメラにとらえた。
 施設の朝は日の出前に始まり、午前6時15分、入所者たちは、あわてて廊下に出て整列する。13~18歳で、裕福な家庭に育った者が多く、年間1,300人が入所するという。
 入所者は、ネットのし過ぎで、昼夜逆転の生活となり、体調を崩して学校へ行けなくなったり、現実の世界と向き合えなくなってしまったような若い男女たちで、多くは1カ月ほど、長い者は1年ほどを施設で暮らすことになる。

 施設内には「嫉妬の下で成長した子どもは、将来、計算高く、人をけ落とすような性格になる」という看板があった。
 入所後しばらくは、物を壊したり、ほかの入所者とけんかする者もいるという。

 入所者(17)は「(どうやってここに来た?)だまされて来ました。歌が好きだったので、退学して芸術学校へ行こうと思っていたんです。父は、北京で芸術学校を探してくれると言いました。
 でも、ここに連れてこられて、置き去りにされたんです」と語った。
 生活は24時間監視されており、家族などとの面会を含め、外部との接触は一切禁止されている。

 ある家族は、月収の3倍以上の費用を親せきから集め学校へ行かなくなった17歳の娘を入所させた。父親は「娘は、昼間でもカーテンを閉め切って寝ていました。起きると、ネットカフェに出かけます。とにかく人付き合いのできない、ひねくれた性格になりました」と語った。

 最も割合が多いのは、13~17歳の利用者だという。ネット中毒の若者がはまっているのが「オンラインゲーム」で、いまや全国大会が開かれるほどの熱狂ぶりを見せている。
 参加者は「1日中、10時間以上でも遊べます」と話した。
 2004年12月には、13歳の少年が36時間連続でゲームをしたあと、自殺した。
 ネットカフェに通う金欲しさに、犯罪に手を染める事件も相次いでいる。
(抜粋)
 http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00106092.html


中国の掲示板様
http://chinabbs.seesaa.net/article/34796721.html


▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2007/02/27 13:04|中国TB:0CM:0

 

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2007/02/23(金) 13:50:59 ID:???0
★無人ヘリでヤマハ発動機社員3人を逮捕

・ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が軍事転用可能な小型無人ヘリコプターを中国に不正 輸出しようとしたとされる事件で、静岡、福岡両県警合同捜査本部は23日、外為法違反 (無許可輸出未遂)容疑で同社執行役員でスカイ事業部長の内山一雄容疑者(58)ら 社員3人を逮捕した。

ヘリ3人は05年12月、軍事転用可能な無人ヘリ一機を経済産業省の許可を得ずに中国の 航空専門会社「北京BVE創基科技有限公司」に輸出しようとした疑いが持たれている。
 無人ヘリは生物・化学兵器の散布など軍事転用が可能なため、高性能機種を輸出する際には経産省の許可が必要。捜査本部は、内山容疑者ら担当社員が違法性を認識しながら性能を低く偽って、05年までに7、8機の無人ヘリを中国企業に無許可で輸出していたとみて全容解明を急ぐ。

 外為法の輸出貿易管理令や省令では、農薬などの薬剤を20リットル以上運搬が可能なことに加え、自律的に飛行できたり、視認できる範囲を超えて飛行制御できる機種の輸出が規制されている。

 捜査本部は昨年1月、同法違反容疑でヤマハ発動機本社などを家宅捜索。輸出しようとした無人ヘリを押収して、これまでに飛行実験を繰り返し、規制対象の高性能機種であることを確認した。同社側は「規制対象外の機種で違法性はない。これまでに9機輸出しており、いずれも空撮用」と主張している。

 またこれまでの調べで、同社が03年に中国の人民解放軍直属とされる別の企業にも高性能機種を輸出していた疑いがあることも判明。これらの中国企業から毎年数千万円の「役務代金」を受け取っていたことも分かっており、捜査本部は不正輸出の実態解明を進める。


 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070223-160813.html


▽続きを読む▽
2007/02/24 12:25|中国TB:1CM:0

ホーム 全記事一覧

閲覧者数 


無料カウンター

管理人へ 

広告 

Copyright(C) 2006 クチナワのブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。