気になるニュース・商品を中心にアップしていきます。リンクはフリーです。連絡の必要もありません。

プロフィール 

クチナワ

Author:クチナワ

広告 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2007/02/26(月) 20:06:07 ID:???0
「これが植民地の学校か」“老台北”蔡氏が戦前台湾の「綜合教育読本」復刻出版

20070227133125.jpg・司馬遼太郎著「台湾紀行」に博覧強記の“老台北(ラオタイペイ)”として随所に登場する実業家の蔡焜燦(さいこんさん)氏(80)が、日本統治時代の台湾で台中州の清水(きよみず)公学校の課外学習用に使われた「綜合教育読本」の復刻版を自費出版した。

 日本が植民地支配した戦前の台湾では、主に内地から来た日本人子弟向けの小学校に対し、台湾人子弟向けに置かれたのが「公学校」。昭和8(1933)年4月に清水公学校に入学した蔡氏によると、同公学校ではすでに当時、全校の30教室に音声が流れる校内放送設備や、一部の教室と大講堂には18ミリ映画の設備が備えられていた。

 こうした視聴覚教育の副読本として独自に編集されたのが「綜合教育読本」。毎日流される童謡や神話、歴史物語、浪花節、国民模範朗読、琴や尺八の調べなどのテキストだった。
 蔡氏は中でも、日本代表が金メダルを7つ獲った32年ロス五輪の歌「揚がる日の丸」(四家文子独唱)を校内で聞いたときの感激が今も忘れられないという。

 蔡氏は、当時の日本が台湾の子供にも最先端の教育を施す努力をし、その知識や考え方が、戦後うなぎの養殖やIT(情報技術)事業で成功した蔡氏など、戦前生まれの台湾人の生き方に大きな影響を与えたと考え、読本の復刻に踏み切った。

 「これが“植民地”の学校だろうか」と蔡氏は、現代を生きる日本人に問いかけている。


 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/40904/


黒マッチョニュース様
アジアの真実様
特定アジアニュース様




7 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:08:47 ID:oV0R2bzy0
なんで韓国とこんなに違うの?

8 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:09:58 ID:eV0VaEZ00
日本軍が勝っていれば、全アジアが台湾のようになっていたのに

12 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:11:11 ID:+a9ZR22g0
こういう風に言ってもらえると、日本人は「いえいえ、そうは言っても台湾の方々にはご迷惑も
おかけしたもの事実です。それについては謝罪したく思います」
と言ってしまうな
頭から「謝罪しる、賠償しる。日帝は史上類を見ない極悪な治世を行った」
と言われたら、殴りたくなる


20 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:13:57 ID:uGQqr0eL0
特質すべきなのは、日本人の子供向けの学校に
植民地の子供が入学できて、一緒に学び遊んだ
という事だろう。
欧米の殖民地政策や現在進行形である
シナが侵略したチベット・満州・トルキスタンでの
政策と比べて特筆すべきものがある。


34 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:17:23 ID:wRtILFqK0
台湾も昔は反日教育をされていた
それにも関わらずニダ共とココまで違う
やはり半島と島国の違いか?


38 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:18:25 ID:GexF+DfF0
>>12
山奥の原住民の村とか行くと日本語しゃべれるお年よりが気持ちよく歓迎
してくれます。ほんとうにいいとこ。でもおっしゃる通り迷惑かけたっていう
気持ちは忘れちゃいけない、本当の交流はそこから始まるからね。
まあさ、結構原住民との衝突とかもあったんだけど、あとの国民党政府が
酷いことしたからそれに救われてる感じはする。


40 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:19:35 ID:wRtILFqK0
ちなみに台湾には15?ほど外省人と言って
中国からやってきた中国人が居る
コイツラがマスメディアを握っており
政界にも多数居る
台湾出身でワケノワカラン事を言っているのは大概コイツラ


52 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:25:27 ID:BxkpBF5m0
そもそも日本は満州も朝鮮も「植民地」にはしていない。
あくまでも日本の一部として「併合」したわけだ。
人民も日本国民として受け入れて教育も授けてインフラも整備してやった。

列強国のいう「植民地」とは奴隷の地であって本国とは一線を画していた。
人民は奴隷であるので教育や国籍なんて与えるわけないし
インフラなんかする必要もない。
あくまでも搾取するだけの土地として占領してるだけ。
だからそもそも身分が違うので差別だ何だって価値観すらない。

今になって支那も朝鮮も「植民地支配」だのなんだの言ってるけど
列強国に比べたらすんごい待遇よかったんだから礼のひと言でも言ってほしいくらいだ。
本国並みの扱いだから「戸籍」も与えたし「教育」もしてやった。
インフラも整備してやった。

こんなんだったらホントに「植民地」にしといたらよかったんじゃないか?



57 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:26:47 ID:YfKg3EhO0
台湾の高砂族(タイアル族)は日本の台湾支配に激しく抵抗したが、
一旦日本の支配に組み入れられた後は、日本が嘗ての清とは
異なり人間として扱ったことに感激し、タイアル族の部隊は、各戦場
で勇猛に戦った。特に白兵戦での強さは米軍を震え上がらせた。


73 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:32:24 ID:KLCMUZIB0
>>7
台湾も最初は日本支配に抵抗する勢力があって、それを台湾総督府が力でねじ伏せていた。
敗戦後、日本が去ってから「犬が去って豚が来た」という言葉もあるように、みすぼらしい国民党軍が
入国してきて、二・二八事件で大虐殺が起こったりして、日本による同化政策は厳しかったがいかに
素晴らしかったかを痛感したらしい。
朝鮮の場合は・・・中華圏の最大の武器、”非常識”を兼ね備えているからとしか言いようが無い。
国家運営も自ら出来ない事大主義の烏合の衆。


82 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:35:52 ID:q0cj2mYs0
>>73
犬が去って豚が来た。
特に日本の警察官は「分け隔てなく」厳しかったとどこかで読んだことがある。
日本人だろうが漢人だろうが高砂族だろうが。
それがよかったんじゃマイカ


91 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:40:02 ID:5EUIpXaA0
日本による植民地政策がなきゃ、いまの台湾、韓国は絶対に無い。
ただ、日本もアメリカに占領されなきゃ、今の日本は無いけどね。



100 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:43:05 ID:NbW52QOoO
海外旅行行くなら台湾にしようかな。


114 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 20:47:09 ID:KLCMUZIB0
>>91
敗戦後日本四分割占領案(*)にアメリカが同意していたら現在もアジア全域及び中東、アフリカ全部植民地。
そして俺らは奴隷としてプランテーションでロクな教育も受けさせてもらえず馬車馬のように寝る間も惜しんで
鞭で叩かれながら働く毎日だったろうな・・・。


*日本の分割統治計画(詳細はwiki参照)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cb/Divide-and-rule_plan_of_Japan.png
Divide-and-rule_plan_of_Japan.png


154 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 21:00:11 ID:wQ4ZCgEB0
台湾と朝鮮でどうしてこうも違うのかという話があるがそりゃしょうがないだろ。
日本が投じた資本をありがたいと思うか、目をそらして恩着せがましいと思うかは
歴史背景や民族性で違ってくるのはしょうがない。相手は日本人じゃないんだから。
決して日本は朝鮮や満州にいろいろしてやったと恩着せがましくしてはいけないよ。
とりあえず防共の壁にはなったんだし高い授業料だと思ってあきらめて
これからも台湾とだけ仲良くすりゃいいじゃん。


157 :名無しさん@七周年 :2007/02/26(月) 21:02:07 ID:OP3mq+KI0
日本っての国取り合戦みたいなことを繰り返してたから、
あまり搾取だけをするための領土拡大って感覚がなかったんだろうな。

それに奴隷とかそれに類似する文化が西欧に比べて衰退していったってのもあるだろう。
特に西欧諸国の脅威に、「民度を上げなければ」と江戸時代以上にインフラを整えていった、
明治維新で決定的になってしまった。


213 :無なさん :2007/02/26(月) 21:20:41 ID:uJJicoRq0
 ま た 台 湾 か




いつもありがとう。







台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい 台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい
蔡 焜燦 (2001/08)
小学館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007/02/27 13:13|いいニュースTB:1CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
台湾を考える
外省人の多くは、中国国民党政府・軍の台湾接収および移転に伴い台湾に来た。そのため、官僚や軍人の割合が比較的多く、日本人と入れ替わる形で台湾社会に入った。また、日本人が住んでいた家屋などを接収して用いたため、居住地区も重なっていた。特に蒋介石時代、政府要人
台湾を考える 2007/06/18(月) 02:44

トラックバックURLはこちら
http://oekomoba.blog82.fc2.com/tb.php/100-3d418e93

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

閲覧者数 


無料カウンター

管理人へ 

広告 

Copyright(C) 2006 クチナワのブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。