気になるニュース・商品を中心にアップしていきます。リンクはフリーです。連絡の必要もありません。

プロフィール 

クチナワ

Author:クチナワ

広告 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

2月13日14時54分配信 サーチナ・中国情報局

 雲南省昆明市内の富民県で、同県林業局がペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを「緑化」していたことが明らかになった。新華社は13日付で「周辺住民も当惑を隠せない」などと報じた。

北京でペンキ




 現場は石の採掘場跡で、約10人の作業員が20日以上かけてペンキの塗布を行ったという。周辺は冬期であるために、低木などがくすんだ色を見せているが、「緑化作業」の対象地帯だけは鮮やかな緑色だ。

 低木地帯と岩肌の境目では、岩石の灰色を少しでも出さないよう、低木の枝や葉にも丁寧にペンキが塗られており、放置された空き缶が転がっている。ペンキの成分の環境への影響は明らかになっていないが、除去するのは不可能だという。

 新華社は「漫才のネタにもあった『ペンキで緑化作業』。失笑してしまうような話が、現実に行われていた」と批判。「それだけの費用があれば、山全体に植樹することも可能だったはずだ」という周辺住民の憤りの声を紹介している。

 このニュースに接した中国人からは「森林を保護し、植樹などを率先して行うべき林業関連部門が、緑化の大切さを理解していない。レベルの低さにがっかりしてしまう」といった声も聞こえる。



(・∀・)つ中国の7色に輝く河川と食卓

ある大富豪が言った。「青いキリンを持ってきたら、莫大な賞金を出そう。」イギリス人は徹底的に議論した。ドイツ人は図書館で文献を調べた。アメリカ人は軍を派遣して世界中を探した。日本人は品種改良の研究を繰り返した。中国人は青いペンキを買った。

このジョークをそのまま実現してしまうのが支那クォリティ



世界の日本人ジョーク集 世界の日本人ジョーク集
早坂 隆 (2006/01)
中央公論新社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007/02/13 20:26|特定アジアTB:1CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
こんな発想が出来る国だからこそ万里の長城が生まれた!!
ペンキで山を緑化…。最初は意味がわかりませんでした。しかし、文字通りに山を本当にペンキで塗ったみたいです。何の為に行ったかはわかりませんが、こんな事を本気で実行できる力がないと万里の長城のようなものは生まれなかったでしょう。中国の歴史は凄いです。関連ニュ
保険の案内サイト 2007/02/13(火) 21:39

トラックバックURLはこちら
http://oekomoba.blog82.fc2.com/tb.php/53-598c545e

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

閲覧者数 


無料カウンター

管理人へ 

広告 

Copyright(C) 2006 クチナワのブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。