気になるニュース・商品を中心にアップしていきます。リンクはフリーです。連絡の必要もありません。

プロフィール 

クチナワ

Author:クチナワ

広告 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

映画:「あなたを忘れない」花堂監督、行動の大切さ訴え /北海道
2月17日13時2分配信 毎日新聞


 ◇「自分の目で確かめて」
 線路に転落した男性を救おうとして亡くなった韓国人留学生を主人公にした日韓合作映画「あなたを忘れない」の花堂(はなどう)純次監督(51)が毎日新聞北海道支社を訪れ、「国境に関係なく、人として行動することの大切さを訴えたかった」と製作の意図を訴えた。インターネットの掲示板では、韓国人を英雄視した映画への反発が出ているが、花堂監督は「表現の自由はあるにしても人を容易に傷つけるネットは怖い。メディアのプロとしてどう対応するか考えていかねばならない」と話している。
 
花堂純次監督




 映画は01年に東京・新大久保駅で事故に遭って亡くなった李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)がモデル。日韓双方の差別や無理解と闘いながら、日本に留学。日本人の恋人との出会いや家族のルーツを探るうちに、両国の懸け橋になりたいとの夢を持ち、亡くなるまでの姿を描いた。
 試写会には天皇、皇后両陛下も出席され、李さんの両親に「命を落とされて残念ですが、本当に立派な息子さんですね」と話したという。しかし、同じく救助しようとして亡くなった関根史郎さん(当時47歳)のことに触れていないなどとして、ネットでは「反日映画」と攻撃を受けている。
 道内キャンペーンとして本社を訪れた花堂監督は「6年前に事故が起きたときも、李さんを誹謗(ひぼう)する書き込みがあったので、きっと批判は出てくると思っていた。作品が良かったとの声も寄せられており、悪意に左右されず自分の目で確かめる人も多い」と話す。
 映画のラストとなる事故のシーンが実際と異なるとの指摘については、「ドキュメンタリーではない。彼の行動を知ったときの感動や彼が発したメッセージを伝えたかった」と語る。
 韓国でも李さんの母校高麗大学から自主上映会を開きたいとの申し出があるなど、広がりを見せている。李さんの遺志は花堂さんの手により、事故後6年たった今もしっかり根付いている。【柴沼均】

2月17日朝刊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000146-mailo-hok




>メディアのプロとしてどう対応するか考えていかねばならない

じゃあ何故関根さんの存在を無視したのかしっかり反論しろよ。

>映画のラストとなる事故のシーンが実際と異なるとの指摘については
>ドキュメンタリーではない。彼の行動を知ったときの感動や彼が発したメッセージを伝えたかった

これじゃ反論になってないだろ、それに李さんには韓国に恋人がいたらしいじゃないか。なんで日本人に恋人がいたという設定になってるんだよ。


花堂純次監督「日本の韓流ブームは李秀賢さんがきっかけ」


すばらしき同胞・この人この顔



東スポ映画大賞での北野武監督のコメント
「映画の内容をただ受け取るだけじゃなくて、観た後に考えさせられるような映画が少なくなった。最近は簡単すぎる映画が多いんだよ。賞をとろうとして、差別問題を全面に出してる映画なんかもおれは嫌い
http://cinematoday.jp/page/N0007812



Dolls [ドールズ] Dolls [ドールズ]
菅野美穂 (2003/03/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007/02/18 18:05|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://oekomoba.blog82.fc2.com/tb.php/65-6ee33f85

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

閲覧者数 


無料カウンター

管理人へ 

広告 

Copyright(C) 2006 クチナワのブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。