気になるニュース・商品を中心にアップしていきます。リンクはフリーです。連絡の必要もありません。

プロフィール 

クチナワ

Author:クチナワ

広告 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

2007年02月19日10時13分
 北朝鮮外務省は19日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への捜索が続いているとして、安倍首相を名指しで非難する報道官声明を発表した。朝鮮中央放送が伝えた。13日の6者協議合意から30日以内に開かれる「日朝国交正常化」作業部会に向け、北朝鮮に厳しい姿勢をとる安倍政権に政策の転換を迫る狙いがあるとみられる。

 声明は、警察による総連施設への捜索などを「我が国の主権に対する耐え難い侵害行為」と批判。そのうえで、安倍首相を「戦犯の子孫として、その責任当事者の一人」と非難した。対北朝鮮政策の目的を「近視眼的な強硬外交が失敗して支持率が落ちているのを挽回(ばんかい)するため」と決めつけ、「安倍一味は必ず対価を支払う」とした。
http://www.asahi.com/international/update/0219/003.html 



んで朝鮮新報の記事全文

総聯政治弾圧は主権侵害 「安倍は対価払うことになる」と警告 朝鮮外務省代弁人声明

 朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは19日、総聯施設に対する強制捜索など、日本当局による政治弾圧がエスカレートしていることと関連し声明を発表、「総聯と在日朝鮮人に対する政治的弾圧は、わが国の主権に対する許しがたい侵害行為」だと厳しく非難した。対日声明の発表は、日本の敗戦60周年で過去の清算を求めた05年1月以来。「談話」などよりレベルの高い声明という形式で総聯弾圧と安倍首相を名指しで非難をするのは異例の事だ。全文は以下のとおり。

 最近、総聯と在日朝鮮人に対する日本当局の悪らつな弾圧騒動が極めて深刻な段階に至っている。

 総聯組織に対する日本当局の弾圧行為は、昨年11月末、総聯東京都本部と祖国訪問事務所新潟出張所に対する強制捜索によっていっそう無謀になり、今年に入ってますます横暴になっている。

 日本の公安当局は今年2月初めまで10数回にわたり、重武装した数百人の警官と装甲車まで動員して、総聯支部事務所や朝鮮学校を含む30数カ所の総聯関係施設と同胞宅を強制捜索し、同胞らに暴行を加え手当たり次第に逮捕するという野蛮な暴挙を立てつづけに行った。

 同時に、日本当局は御用報道手段を総動員し、総聯のイメージを傷つけるさまざまな謀略報道を大々的に行い、日本社会に反朝鮮、反総聯の敵対意識を狂乱的に鼓吹している。

 その結果、現在日本各地には関東大震災(1923年)時の朝鮮人狩りを彷彿させる殺伐とした恐怖の雰囲気が醸し出され、半世紀前、日本の反動らが「朝連」(在日本朝鮮人連盟、1945.10.15~1949.9.8)を強制解散させた時のようなファッショの嵐が再び吹き荒れている。

 尊厳高きわが国の合法的な海外公民団体である総聯とわが民族の一員である在日朝鮮人に対する野蛮な政治的弾圧は、わが国の主権に対する許しがたい侵害行為であり前代未聞の反人倫的犯罪である。

 在日朝鮮人について言うならば、かつて徴兵、徴用、「慰安婦」などのさまざまな名目で強制的に日本に連れて来られ、際限のない略奪と搾取、奴隷的苦役と屈辱を強いられた直接的な被害者とその子孫であり、日本当局は当然、彼らを保護すべき歴史的、道義的責任を負っている。

 とくに戦犯者の子孫としてその責任当事者のひとりである安倍が、先祖代々、朝鮮人に対して犯した罪業について誰よりも深く謝罪し当然の補償をする代わりに、自分の執権期間に総聯を無くしてしまおうという野心をもって、このすべての犯罪騒動の先頭に立っていることについて、われわれはとくに注目せざるをえない。

 安倍が「首相」の職分と体面も投げ捨て、狂乱的な総聯弾圧策動を率先している目的は、自らの近視眼的な対朝鮮強硬外交が失敗して、支持率の低下を挽回するために「強硬な内閣」を演出し、われわれから何らかの「譲歩」を引き出そうとすることにあるが、そのような手法で自らの政治的野心を満たそうとするのは、愚かな夢想にすぎない。

 わが軍隊と人民は、総聯と在日朝鮮人に対する日本当局の憎らしい弾圧騒動を絶対に拱手傍観しないだろうし、安倍一派は必ずやその対価を払うことになるだろう。(翻訳=編集部)

[朝鮮新報 2007.2.21]
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/04/0704j0221-00005.htm




この記事書いた人、相当興奮してるな。もちつけ

>戦犯の子孫として

つ日本国憲法第十四条【法の下の平等、貴族制度の否認、栄典の限界】

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

これを百辺復唱しろタコ

>尊厳高きわが国の合法的な海外公民団体である総聯とわが民族の一員である在日朝鮮人

尊厳の高い人々の反応↓


>重武装した数百人の警官と装甲車まで動員

こんな感じか?




スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
ヘイデン・クリステンセン (2005/11/23)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007/02/21 22:21|朝鮮新報TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://oekomoba.blog82.fc2.com/tb.php/71-5ed55a18

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

閲覧者数 


無料カウンター

管理人へ 

広告 

Copyright(C) 2006 クチナワのブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。