気になるニュース・商品を中心にアップしていきます。リンクはフリーです。連絡の必要もありません。

プロフィール 

クチナワ

Author:クチナワ

広告 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 



読売新聞

来年1月9日から「防衛省」、昇格関連法が成立

防衛庁の省昇格関連法は、15日夕の参院本会議で、与党と民主党などの賛成多数で可決、成立した。1954年の防衛庁発足後、半世紀余を経て、来年1月9日から「防衛省」となる。

 関連法は、内閣府の外局である防衛庁を独立した省とし、防衛長官を「防衛相」に改称するほか、自衛隊の国際平和協力活動や在外邦人輸送、周辺事態での後方地域支援などの活動を「付随的任務」から「本来任務」に格上げする内容。防衛施設庁を2007年度に廃止し、防衛省に統合することも盛り込んだ。

(2006年12月15日17時43分 読売新聞)


改正教育基本法が成立、59年ぶり

安倍内閣が最重要課題に位置づけていた改正教育基本法は15日午後の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立した。

 1947年の制定以来、教育基本法の改正は59年ぶりとなる。

 同法は前文と18の条文で構成され、公共の精神の尊重を強調しているほか、教育目標には「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する」態度を養うとの表現を盛り込んだ。

 これに先立ち開かれた衆院本会議では、今国会の会期を19日まで4日間延長することを与党などの賛成多数で議決。続いて野党4党が共同提出した安倍内閣不信任決議案が採決され、反対多数で否決された。

 参院でも、野党4党が提出した伊吹文部科学相問責決議案が賛成少数で否決された。

(2006年12月15日18時25分 読売新聞)


毎日新聞

防衛省:関連法案成立 1月9日発足へ

防衛庁の省昇格関連法は15日の参院本会議で、自民、民主、公明などの賛成多数で可決、成立した。内閣府の外局に位置付けられている防衛庁を省として独立させ、「付随的任務」だった自衛隊の海外活動を「本来任務」に格上げするのが柱。政府は来年1月9日に防衛省を発足させる方針で、久間章生防衛庁長官が初代防衛相に就く。

 省に移行すると、これまでは内閣府を通じて行ってきた閣議請議や予算要求などを、防衛相が「防衛の主任大臣」として行うことになる。ただ、自衛隊の最高指揮監督権者は首相のままとするなど、シビリアンコントロール(文民統制)に関する規定は変えない。

 また、これまで自衛隊法で付則に規定されていた国連平和維持活動(PKO)やイラク復興支援特別措置法に基づく活動などを「国際平和協力活動」として「わが国の防衛」と並ぶ自衛隊の任務に明記する。

 防衛庁は1954年の発足。「庁」としてスタートしたのは、戦前、軍部の独走を許した教訓や、憲法9条の影響があったとされる。

 省昇格は64年に閣議決定されたものの、国会提出は見送られ、01年には議員立法として国会に提出されたが、廃案になっている。今回は、政府が6月に通常国会に提出し、継続審議になっていた。与党に加えて、民主党も賛成に回った。【山下修毅】

毎日新聞 2006年12月15日 18時57分


改正教育基本法:自公などの賛成多数で可決、成立

改正教育基本法は15日夕、参院本会議で自民、公明などの賛成多数で可決され、成立した。1947年の同法制定以来、初めて抜本改正された。

 改正基本法は政府が今年4月に国会に提出。焦点となった愛国心をめぐる表現は、自民、公明両党の合意に基づき「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」と明記した。前文には「公共の精神」や「伝統を継承」などの表現も盛り込んだ。

 改正基本法の採決に先立ち、野党4党は安倍内閣に対する不信任決議案と伊吹文明文部科学相に対する問責決議案を提出、それぞれ衆参本会議で与党の反対多数で否決された。

毎日新聞 2006年12月15日 18時33分


朝日新聞

防衛庁の省昇格が成立 来年1月発足へ

2006年12月15日18時30分
防衛庁の省昇格関連法が15日午後の参院本会議で、与党と民主党などの賛成多数で可決、成立した。来年1月9日付で「防衛省」が発足し、防衛庁長官は「防衛相」となる。

 同法では、防衛庁を内閣府の外局から省に移行させるとともに、自衛隊の国際平和協力活動などを「付随的任務」から「本来任務」に格上げすることが柱。(時事)


改正教育基本法が参院可決・成立

2006年12月15日17時57分
 安倍政権がこの臨時国会の最重要課題と位置づけた改正教育基本法は15日夕、参院本会議で採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。民主、共産、社民、国民新の野党4党は反対した。「教育の憲法」と言われる教育基本法が改正されたことで、来年の通常国会以降、多くの関連法令や制度の見直しが本格化する。

 改正教育基本法は今年4月に政府が国会提出し、先の通常国会で継続審議となっていた。旧法にはなかった「公共の精神」や「国を愛する態度」などを教育の目標に盛り込んでいる。基本法自体が「個の尊重」から「公の重視」へと軸が動くことになり、教育現場への影響を懸念する声もある。


北海道新聞

防衛省、来月9日始動 昇格法成立、恒久法加速も

2006/12/15 17:52
 自衛隊の海外派遣を本来任務化する防衛庁「省」昇格関連法が15日の参院本会議で、自民、公明、民主党などの賛成多数で可決、成立した。共産、社民両党は反対。関連法の成立により、1954年に発足した防衛庁は来年1月9日から防衛省に格上げされる。

 「専守防衛」を基本方針としてきた自衛隊が、海外派遣の本来任務化に伴い国際的な活動を増やしていくのは確実で、随時派遣を容易にする恒久法の制定や、憲法解釈で禁じられている集団的自衛権行使をめぐる議論が加速しそうだ。日本の防衛政策は一つの転機を迎えることになる。

 関連法は、内閣府の外局である防衛庁を防衛省、防衛庁長官を防衛相とし、自衛隊法で「付随的任務」とされてきた(1)国連平和維持活動(PKO)(2)周辺事態法に基づく後方地域支援-などを本来任務に位置付ける。


改正教育基本法が成立 自民、公明の賛成多数

2006/12/15 18:14
 安倍内閣が最重要法案と位置付けていた改正教育基本法が15日夕の参院本会議で、自民、公明の与党の賛成多数で可決、成立した。「教育の憲法」と呼ばれる教基法の改正は1947年の制定以来初めて。抜本的な見直しにより「公共の精神」の重要性を強調、教育の目標に「我が国と郷土を愛する態度を養う」ことなどを掲げた。

 採決に先立ち、改正内容に反対する民主党やほかの野党は、衆院へ安倍内閣不信任決議案、参院へ伊吹文明文部科学相の問責決議案をそれぞれ提出したが、与党の反対多数でいずれも否決された。

 改正教基法は18条からなり、前文では「伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する」と明記。新たに「生涯学習の理念」「家庭教育」などの条項を盛り込んだほか、政府は教育振興基本計画を定め、国会に報告、公表すると規定した。


産経新聞

教基法改正案、防衛省法案 午後成立へ

国会は会期末を迎えた15日、教育基本法改正案と防衛省の「省」昇格関連法案が午後の参院本会議で可決、成立する。野党4党は同日朝、安倍晋三内閣と麻生太郎外相に対する不信任決議案を河野洋平衆院議長に提出した。内閣府不信任案は午後の衆院本会議で与党の反対多数で否決される見通し。

 これを受け、与党は不測の事態に備えて、会期を19日までの4日間延長する方針を決定。自民党の中川秀直幹事長らが安倍首相にこうした方針を伝えた。首相は「やむを得ない。自民、公明両党に任せる」と応じた。15日午後の衆院本会議で議決する。

 民主党の高木義明国対委員長は15日午前の会見で、内閣不信任案提出の理由として、政府主催のタウンミーティングでの「やらせ質問」問題での責任の取り方が不十分などと指摘した。

 「教育の憲法」とされる教育基本法は昭和22年の制定以来、初の全面改正となる。改正案は18条の構成で、教育の目的で「伝統と文化の尊重」や「わが国と郷土を愛する態度を養う」、「豊かな情操と道徳心と培う」ことなど5項目の目標を明記。前文でも「公共の精神の尊重」や「伝統の継承」が盛り込まれた。

 ただ、自民、公明両党の協議で「愛国心」をめぐる表現は、公明党への配慮から「心」が外され「態度」となった。「宗教的情操の涵養(かんよう)」の明記も避けられ、「宗教に関する一般的な教養の尊重」となった。

 一方、「省」昇格関連法案の成立により、「防衛省」は来年1月9日に発足する。内閣府の外局だった防衛庁は防衛省に、防衛庁長官は防衛相にそれぞれ格上げされる。自衛隊の「付随的任務」とされてきた国連平和維持活動(PKO)やイラク復興支援などの海外活動も、国土防衛と同じ「本来任務」に位置付ける。

 本来任務化に伴い、防衛庁は海外に派遣される部隊を訓練する「国際活動教育隊」、派遣部隊の先遣隊の役割を担う「中央即応連隊」の新設する。大型輸送機などの輸送体制の充実も図る。

(2006/12/15 12:04)


スポンサーサイト
2006/12/15 19:26|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://oekomoba.blog82.fc2.com/tb.php/9-0e86cf16

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

閲覧者数 


無料カウンター

管理人へ 

広告 

Copyright(C) 2006 クチナワのブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。